地域貢献事業

ライフレスキュー事業について

特別養護老人ホーム(多床室)

  平成28年に『社会福祉法等の一部を改正する法律』が成立し、公益性、非営利性が高い社会福祉法人は、『地域における公益的な取組』を実施することが責務となりました。

 そのような中、当法人では地域における公益的な取組の一つとして、『ふくおかライフレスキュー事業』に参画しています。

 『ふくおかライフレスキュー事業』とは、社会福祉法人が集まって、既存の制度では解決が難しい生活課題を抱えている方々に対して、『できる時』に『できる所』が『できる範囲』で支援を行う公益的な取組です。
 各地区にネットワークが発足しており、地域の困りごとにそれぞれの専門性を生かして連携して対応しています。

 当法人の3施設(花の季苑・薔薇の樹苑・ムーンシャドウ)には、専門の研修を受講したサポーターを配置し、生計困難等の様々な課題について、早期解決できるように相談支援を行っています。

ライフレスキュー活動実績                                             令和元年12月現在


平成30年度

令和元年度

活動件数

6 件

6 件


ライフレスキュー活動事例                                            

 事例1   子供の金銭搾取により生活困窮になっている案件 

 支援内容     相談にて公的機関へと結び付ける


 事例2      詐欺にあい、生活困窮状態に陥ったケース

 支援内容     食糧品の現物支給、就労における交通費の支給


 事例3   両親の介護により離職し、経済的に困窮している案件

 支援内容     食糧品の現物支給



サンタックお助け隊について

ショートステイ


 サンタックお助け隊は、平成29年4月に立ち上がった三宅校区の介護事業所ネットワークです。

三宅校区に複数存在する事業所の方々と会議を重ね、地域のネットワーク代表者とのご縁もいただき、少しずつ、事業所と地域の『顔の見える関係』ができてきました。

 ❝地域に愛される事業運営を・・❞ を理念として、地域の方との交流を図りながら活動に取り組んでいます。



活動内容                                           

・高齢者会食会の送迎支援

・みやけ夏祭りの設営及び参加

・校区敬老会の設営及び当日のお手伝い

・三世代交流会のスタッフ派遣

・毎月のカフェに『介護相談ブース』の展開

・青色防犯パトロール(通称:青パト)の運行に一部参加

・校区運動会への参加

・校区文化祭の設営及び当日のお手伝い

・RUN伴(認知症の人やその家族、支援者・地域の人が少しずつリレーしながら、一つのタスキをつなぎゴール

 を目指す全国プロジェクト)への参加


講演会 その他の活動

認知症サポーター養成講座                                          


平成30年度

令和元年度

講座回数

9 回

4 回


中学生職場体験受入れ                                          


平成30年度

令和元年度

件 数

4 件

3 件


三宅校区 地域支援サポートサービス                                          

・独居高齢者のゴミ出し支援(毎週木曜日)


認知症高齢者等の一時保護                                        

・家族における暴言、精神的虐待案件にて一時保護(R1.06.07)

・中央警察署より認知症高齢者の男性の一時保護(R1.06.22)

・早良警察署より記憶喪失にある男性の一時保護(R1.08.22)

・南警察署より認知症高齢者の女性の一時保護(R1.10.06)

・博多保健福祉センターより認知症高齢者の女性の一時保護(R1.11.08)

・中央警察署より認知症高齢者の女性の一時保護(R1.11.20)


徳和会公式ブログ 掲載記事